陀羅尼助の効能・成分

陀羅尼助丸(丸薬)に関する注意事項です。
ご購入および服用前に必ずご一読ください。

陀羅尼助には大峯山系の銘水をふんだんに使って抽出された
自社製のオウバクエキスが使用されています。
修験道の聖地「大峯山」と名水百選の洞川湧水群がはぐくんだ
名薬「陀羅尼助」をどうぞお試しください。

ご質問は お問合わせフォーム からどうぞ。


分類 健胃整腸薬
成分・分量 本品一日量(90丸)中
オウバクエキス
1000mg
(原生薬として3000mg)
ガジュツ末
500mg
ゲンノショウコ末
1500mg
効能・効果 食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔い・悪酔いのむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、整腸(便通を整える)、軟便、便秘
用法・用量 大人(15才以上)
1回 30粒
11才以上15才未満
1回 20粒
8才以上11才未満
1回 15粒
5才以上 8才未満
1回 10粒

1日3回、食前または食間に服用する。

・用法・用量を厳守すること
・小児に服用させる場合には、
 保護者の指導監督のもとに服用させること
・5才以上であっても幼児に服用させる場合には、
 薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意すること
使用上の注意 ・治療中の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
・小児の手の届かないところに保管すること
・直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい場所に保管すること
・誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れないこと
相談すること 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
 ・医師の治療を受けている人
次の人は服用を中止して医師又は薬剤師に相談すること。
 ・1ヶ月間服用しても、症状の改善が見られない場合



オウバク

詳細な説明へ
キハダ Phellodendron Amurense(Rutaceae ミカン科) の
コルク層を除いた樹皮から抽出した水製軟エキスである。


来歴
神農本草経以来用いられる漢薬の一種であるが、
わが国でも古くから民間薬として利用されている。

適用
苦味健胃薬ならびに整腸薬として用いる。
漢方では消炎性収れん薬として、
胃腸炎、腹痛、下痢などの症状に用いる。
ガジュツ

詳細な説明へ
ガジュツ Curcuma Zedoaria(Zingiberaceae ショウガ科)の
根茎を通例湯通ししたものである。


来歴
インドでは古代から薬用に供され、
700年代に欧州に伝えられた。

適用
芳香性健胃薬として家庭薬などの原料に用いる。
ゲンノショウコ

詳細な説明へ
ゲンノショウコ Geranium Thunbergii(Geraniaceae フウロウソウ科)の地上部。
開花期直前にタンニンの含量が高くなるので、
この時期のものを採集する。


来歴
繁用される民間薬。古くから止しゃ薬として用いられてきた。

適用
苦味健胃薬ならびに整腸薬として用いる。
止しゃ、整腸薬として、また保健薬としての需要が多い。 



陀羅尼助の歴史

陀羅尼助の起源や、読み方を迷う方も多い「だらにすけ」という名前の由来 、江戸時代ごろから各地に広まっていった様子などをご紹介。

商標について

商品パッケージに印刷されている歯車のような絵「輪宝(りんぽう)」は、仏法の象徴。古代インドにおいては釈尊のシンボルだったという輪宝についてご紹介します。
陀羅尼助商品イメージ
通販に戻る